HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>DIALY

12/17 Club d'Elf with MMW!

これはとんでもないっ。
メデスキーは昔から大好きだ

dElf_fix_web.jpg

pokamania meets Organic Groove
Supported by SOUND ETHNOS
" Club d'Elf "クラブ・デルフ with John Medeski (MMW)

2010/12/17 (FRI)
OPEN 19:01 / START 20:02
前売り予約 5000yen(+1D) / 当日 5500yen(+1D)

KASHIWA @ Drunkard's Stadium
‐ LIVE ‐
Club d'Elf
with John Medeski (MMW)


・・・・・・TOTAL INFO・・・・・・

poka poka / pokaraiyo千葉県柏市柏2-4-5
04-7162-5575

主催 : poka poka / SOUND ETHNOS
企画制作 : poka poka / SOUND ETHNOS / Organic Groove
協力 : LCE Production / contrarede / TONE RIVER JAM


ジョン・メデスキー(key)
言わずと知れたジャズ/インプロシーン最高峰のトリオ、MMWの1/3。個の演奏家、作曲家としても90年代から20年以上に渡り、旺盛な活動を続ける鍵盤の賢人、ジョン・メデスキー。この秋は10月、名サックスプレイヤー、ジェームス・カーターとの双璧クインテット、11月MMWの東海岸ツアー、フュージンスキーとのデュオと、様々なフォーマットを経て緊急合流。食や自然を心底愛し、日本に来れば神社と温泉を巡る究極の日本通。瞑想や南米式の儀式を通し精霊達と繋がり大宇宙の音魂を地上に降ろす。

スティーヴン・バーンスタイン (tp)
世界唯一のスライド・トランペットの名手、作曲家。伝統的なディキシーランドからポスト・モダンやアヴァンギャルドまで通過した知的でユーモア溢れるジャズ集団、Sex MobのリーダーとしてNYジャズの進行形を牽引しつつ、ラウンジ・リザーズ、Rアルトマンの名作ジャズ映画「カンサス・シティ」バンマス「ゲット・ショーティー」のアレンジャーと迸(ほとばし)る才能と共に90年代から現在までUS地下ジャズシーンの顔。

デヴィッド FUZE フュージンスキー (g)
8弦フレッテッドと12弦フレットレスのダブルネック・ギターを駆使しエフェクトをかけまくる奏法は圧巻。スクリーミング・ヘッドレス・トーソスのギタリストでありジミヘンの魂を受け継ぎながらもタオイズムとアニミズムを信仰している。Mジョン・メデスキーとのデュオ・アルバム『Lunar Crush』はその筋のリスナーの間では名盤。2010年12月の来日直前にそのデュオでUS東海岸ツアーを周る予定。

マイク・リバード (bass/sintir)
IQインプロ集団Club d'Elfを率いてはや12年。ウッドベースとモロッコの伝統楽器Sintirを操り、フィリップ・K・ディック、ウィリアム・ギブスン、キューブリック、リンチ、ブラザーズ・クエイを好むセンス。深く妖しく甘美なClub d'Elfの世界観は、この男が支えている。 実は南米式の儀式をメデスキー一派に紹介したのも彼。

ディーン・ジョンストン(ds)
オランダ、フェンロ出身。自ら"ボディビルダー"と称する屈強な肉体が生み出す豪快さと繊細さを兼ね揃えたプレイが魅力の「まだ見ぬ強豪」"The Dux"ことディーン・ジョンストン。10代半ばでドラマーとして活動を開始スウェーデンなどで活躍しスカンジナビアで最高のドラマーの一人と称され、90年後半に移り住んだボストン・シーンでトップ・プレイヤーとしてSUPERHONEYなどに在籍、その名が知られるようになった。現在はルイジアナを拠点に活躍中。スクエアプッシャーを人力で完璧にコピーするYOUTUBEが話題騒然!!






スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://wongai.blog66.fc2.com/tb.php/232-dc94f7de

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。